「渡航闘 争」という運動で沖縄県へ

 はじめて沖縄の地に立ったのは、 1967年6月22日、大学2年生19歳の夏、沖縄と 本土との自由往来がままならない、アメリカ軍支配の下の時期であった。当時のアメリカ軍政府は、沖縄と本土の日本人の渡航を”不当にも”制限していた。本 土から渡沖するには特別の「身分証明書」または「渡航証明書」が必要であり、沖縄県民の本土渡航も同様であった。当時の沖縄人民党委員長瀬長亀次郎さんは 10数回にわたって本土への渡航が拒否されていた。
東京では、学生 自治会や労働組合、平和団体等で、沖縄への渡航制限撤廃・自由往来実現の運動を行っていた。その時は沖縄那覇市での6.22集会に向けての「渡航闘争」で あった。申請の場は有楽町の交通会館内。

  • 当時の沖縄渡航は内閣総理大臣の身分証明書が必要だった。パスポートではない。沖縄だけの個別の許可証。
  • 「観光」と理由を書けば身分証明書がすぐにでも発行されたが、「沖縄県民との連帯のため」との理由ではなかなか発行されなかっ た。
  • ここに「渡航闘争」という運動が生まれた。
  • 当時本土から沖縄には申請の5%の発行率。沖縄からも本土へはままならなかった。
  • 初めての渡航はJALの国際便。機内でカードが渡された。日本からどこへ行くかを記入する欄があった。当然、日本から日本へと記 入。闘いなんだからこんなもんだろうと思いながら。

集会に向けての署名活動
1967.06.22の集会に向けての事前宣伝と署名活動

 身分証明書
渡航のための身分証明書。目的は「親善訪問のため」となっている。

 当時の新聞記事
集会報道した当時の赤旗しんぶん記事(画像クリックで拡大します

  • この時の渡航は、「沖縄・小笠原返還、渡航制限撤廃、自由往来実現要求6・22沖縄県民集会」に参加するため。
  • スバル360(左ハンドル、復帰5年前)に乗って、摩文仁の丘(現・平和記念公園)、読谷村の「象の檻」などを始めて回った。
  • 琉球大学は、まだ首里城跡にあった。男子寮、女子寮を訪問した。
  • 瀬長亀次郎さんの家は刑務所監視塔のそば。何故か監視塔は塀の外、「うちを監視してんだよ(笑)」
  • 泡盛を出され、しばらく爆睡してしまった。余談、時効。